【SEO対策:自社求人サイトの認知度アップ!】地域に根差した中小企業の求人サイトのSEO対策法

不景気が続く中、中小企業には自社求人サイトの活用による自社採用の強化が求められています。また、自社求人サイトの効果を高めるにはSEO対策が必要です。この記事ではSEO対策の概要から実践するための具体的な方法やポイントまで紹介しております。SEO対策を実践し、自社求人サイトの認知度アップを目指しましょう!

 

 

 

自社求人サイトの活用

 

不況下では、中小企業は自社求人サイトを活用することで、自社採用を強化する必要があります。

 

自社求人サイトは、求人媒体に応募をかけるよりも自由にコンテンツを作成できるため、企業理念や雇用条件など求職者に伝えたい情報を全て記載することが可能です。また、それにより求職者とのミスマッチを減らすことができるというメリットもあります。

 

しかし、求人媒体のように簡単に求職者の目に留まることは少なく、求職者から自社求人サイトに訪問してもらわなければ求人情報を伝えることができません。

 

そのためにも、SEO対策が重要になってくるのです。

 

 

SEO対策とは

 

SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」の略で、自社サイトを検索エンジンの上位に表示させることで、多くのアクセスを集めて集客する手法のことをいいます。

 

Google検索の場合、キーワードのニーズに対して最もマッチした回答を発信していると判断されたページほど上位に表示されます。

 

そのため、ユーザーの検索意図を読み取り、ニーズを満たすコンテンツを作成することが必要となります。

 

 

SEO対策のメリット、デメリット

 

【メリット】

 

・低コストで集客できる

基本的にWeb広告はクリック数や応募数に応じて費用が発生します。

 

それに対し、SEO対策は実施してしまえばいくらクリックされても費用は発生しません。

 

SEO対策にはそれなりの知識が必要ですが、正しく実施することができれば低コストで集客をすることができます。

 

・ブランディング効果

ブランディングとは、企業やサービスなどのブランドに対する共感や信頼を通じて顧客に対する価値を高めていくことです。

 

検索で上位に表示されるサイトはユーザーから信頼されていると言えます。

 

SEO対策により自社求人サイトを検索で上位に表示することができれば、集客につながるだけでなく、ブランディング効果で自社の価値を高めることもできます。

 

【デメリット】

 

・成果が出るかどうかが確実ではない

サイトの順位がどのように決定されているかは明らかになっていません。

 

そのため、確実に成果を出すための方法は存在しないということです。

 

SEO対策をしても、やり方によっては成果が出ないこともあります。

 

・成果が出るまでに時間がかかる

SEO対策は、サイトの作成やコンテンツの修正の時間に加え、評価されるまでにも時間がかかります。

 

成果が出るまで長期的に継続することが必要となります。

 

そのため、すぐに成果を出したい場合には向いていない施策と言えます。

 

 

求人サイトのSEO対策法

 

それでは、実際に求人サイトのSEO対策をする際の手順を紹介いたします。

 

対策するキーワードの候補を考える

まず、自社の求人サイトに興味がありそうな求職者が検索しそうなキーワードの候補を考えます。

 

共起語を検索する

キーワードの候補を考えたら、そのキーワードの共起語を検索します。

 

共起語とは、あるキーワードが含まれるコンテンツの中にそのキーワードと一緒に頻繁に出てくるワードのことです。

 

「共起語検索ツール」を使用して共起語を検索し、求職者が検索しそうなワードをピックアップします。

 

検索ボリュームを調査する

「Googleキーワードプランナー」を使用して、キーワードとピックアップした共起語の組み合わせの検索ボリューム(検索数)を調査します。

 

対策するキーワードを選定する

検索ボリュームを参照し、キーワードを選定します。

 

検索ボリュームが大きすぎると、競合が多いため、なかなか上位に表示させることは難しいです。

 

逆に検索ボリュームが小さすぎると、上位に表示させることはできても、あまり成果が出ない可能性があります。

 

求人サイトのコンテンツを作成・修正する

選定したキーワードをもとに、ユーザーが最も必要としている情報をコンテンツにします。

 

選定したキーワードで上位に表示されているサイトの構造や文字数などを調査し、全ての要素を網羅したコンテンツにしなければ上位に表示させることは難しいです。

 

 

求人サイトのSEO対策のポイント

 

・採用ターゲットを明確にする

予め、採用ターゲットのスキル・経験・年齢・マインド・価値観などの条件を明確にすることが重要です。

 

それにより求職者が求める情報が推測しやすくなり、キーワードも選定しやすくなります。

 

・マイナーなワードや複合ワードを選定する

検索数の多いキーワードは競合が多いため、時間とコストがかかり、成果を出すことも難しいです。

 

そのため、競合が少ないマイナーなワードや複合ワードを選定した方が上位を狙いやすく成果も出しやすいです。

 

・サイトの使いやすさにも気を配る

サイトのコンテンツがしっかりしていても、使いづらいと評価が下がってしまいます。

 

文字の大きさや行間、ページの表示スピードなど、ユーザーが使いやすいように気を配ることが大切です。

 

 

自社求人サイトの認知度アップを目指しましょう!

 

自社採用の強化のためにも、ぜひ上記でご紹介いたしました求人サイトのSEO対策を実施してみてはいかがでしょうか。

 

自社求人サイトを検索で上位に表示させ、認知度アップを目指しましょう!

 

本記事では求人サイトのSEO対策についてご紹介いたしましたが、その他のことでも少しでもお悩みやご相談があるようでしたら、ぜひ「人材ビジネス経営研究会」にお越しください。

人材募集力の強化・採用力アップなど、人材紹介・人材派遣会社向けの業績アップを目的とした会員制の勉強会となっております。

初回は無料ですので、お試し参加も大歓迎です。

https://www.jinzai-business.com/100545-2

 

また無料で個別相談も受付しておりますので、この機会にぜひご活用ください。

https://funaisoken.ne.jp/jinzai-business/inquiry.html

 

 

——————————————————————————————————————–

 

 

参考サイト

 

【人材ビジネス業界の最新動向!】ここは押さえておきたい人材ビジネス経営

https://www.jinzai-business.com/jinzai-business-management

 

人材募集の方法【10選】採用担当者様必見です

https://www.jinzai-business.com/35

 

【人材募集:応募が来ない中小企業必見!】求人サイトの効果検証方法

https://www.jinzai-business.com/jinzai-boshu-recruiting-website-solution

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード