2023年の人材紹介業界の動向・トレンド・今後について

いつも本Webサイトのコンテンツを閲覧いただきまして、ありがとうございます。船井総研人材ビジネス支援部です。2023年の人材紹介業界の動向・トレンド・今後について解説しています。

 

人材紹介業界の時流変化

 

人材紹介ビジネスの市場規模は、2008年リーマンショックの影響を受け縮小しています。

 

しかし、その後は、2009年から、10年間で3倍以上に市場規模が拡大する急成長を見せています(2009年:1861億円、2019年:5874億円)。

 

また、2020年には、新型コロナウイルスの影響により縮小はしたものの( 2019年:5874億円、2020年:5240億円)、2020年以降の有効求人倍率が上昇傾向で、転職市場は動き出しています。

 

2023年の人材紹介業界の展望

 

新型コロナウイルスの影響で、一時、急下降した有効求人倍率は、2022年は上がり続け、2022年9月には1.34倍となっています。

 

当然、有効求人倍率が上がる根本の理由である「人手不足」が解消することはなく、今後、コロナ前のもとの水準に戻ることは容易に想像ができます。

さらに、新型コロナウイルスの影響でシュリンクした反動で、2023年は、多くの転職希望者が動き出すことが予想されています。

 

これからは、

 

◆業界×エリア特化での人材紹介ビジネスの活性化(または新規参入)

◆求人案内・求職者案内によるリードナーチャリング

 

が求められていきます。

 

大好評!「人材紹介業界時流予測レポート2023」がリリース!

 

  • 今後、人材ビジネスへの参入を検討している方、今後の人材ビジネスの時流、将来性を把握したい方、2023年に人材紹介ビジネスで何をすべきかが知りたい方向けに、船井総研人材ビジネス支援部が制作した「人材紹介業界時流予測レポート2023」を無料でダウンロードいただけます。

 

この機会にぜひダウンロードの上、ご覧ください。

 

【人材紹介業界時流予測レポート2023】

無料ダウンロードはこちらから

https://www.jinzai-business.com/report_dl/230105-2

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード