【選ばれる人材紹介会社になるために】流行りのサブスクモデルが好まれる理由を徹底解説!

新型コロナウイルスに罹患された方、体調を崩されている方、影響を受けられている方へ、謹んでお見舞い申し上げます。船井総合研究所、人材ビジネス支援部です。新型コロナウイルスの影響もあり、新規の営業開拓や成約が減ってしまった、という人材紹介会社様も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?そんな中で、昨今導入する企業が増えている料金形態の一つとして『サブスク型紹介プラン』というモデルがございます。本コラムでは、このプランが選ばれる理由や、導入した際のメリット・デメリットについてお伝えさせていただければと思います。

 

 

今流行りのサブスクモデルって?

 

2020年中旬から、『サブスクモデル』や『月々定額払い』などの名称で、紹介手数料を分割払いで払えるプランを導入する人材紹介会社が増加しております。

 

この分割払いは、本来入社時に一括で請求する紹介手数料を月々払いに分割して払っていただくモデルとなっており、求人企業様からすればキャッシュフローの負担がなくなるので、この1年間で非常に導入が進んだモデルです。

(その他の料金プランはこちらの記事をご覧ください。https://www.jinzai-business.com/442

 

支払い期間としては6か月の分割払いに設定している企業が多いですが、中には5年に亘っての分割払い制度を導入している企業もあるほどで、多くの企業が“いかに1回あたりの負担を減らせられるか”という視点でサービスの提供を進めております。

 

 

 

分割払いが選ばれる理由

 

さて、そんな分割払いですが、求人企業様から選ばれる理由は大きく分けて2つございます。

 


  1. 1.キャッシュフローの負担軽減につながる

     


    上段でもお伝えいたしましたが、キャッシュフローの負担の軽減になることが一番の利点でしょう。

求人企業としてはやはり単月の流動負債が大きくなることは避けたいので、ひと月当たりの支払い額は少なければ少ないほど嬉しいものです。

人材の採用は企業活動における長期的な投資活動なので、キャッシュフロー上で負担として見られがちです。


その点、分割払いにして単月の支払額を抑えることで、少しでも負担を小さくすることが可能となります。

 


  1. 2.早期退職時の心配がなくなる

     


    2つ目の選ばれる理由は、仮に早期退職してしまった時のダメージが小さい、という点です。

    分割払いの場合、退職してしまった場合はそののちに振込予定であった料金は支払う必要がなくなるのが一般的です。
    返金規定があると言えど、早期退職が起こってしまった場合は「本当にこれだけのお金を払って採用した価値があったのか?」という疑問を抱いてしまわれることは仕方ないかと思います。

    一方、分割払いで退職後は支払い不要としておくと、企業としては少し高い月次給与を支払っていたようなものなので、それほど心証を悪くすることもないでしょう。

 

 

分割払いを導入するメリットとデメリット

 

それでは、この分割払いですが、人材紹介会社から見るとどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

事業規模や取扱業種にもよるかとは思いますが、下記のようなメリットやデメリットはほとんどの会社様で当てはまるかと思います。

 

 

分割払い導入によるメリット

 

メリット①:クロージングが容易になる

 

一番のメリットはクロージングが容易になることです。

人材紹介会社経由の採用を検討する際の一番のハードルは紹介手数料の高さです。

このハードルを分割払いで低くすることで、クロージング力(≒成約率)が上がることは間違いないでしょう。

 

メリット②:企業開拓先が増える

 

資本力の比較的弱い中小企業などは、やはり単月のキャッシュフローを気にされる企業が多いです。

分割払いによって紹介先として中小企業の開拓ができれば、求職者に提案できる求人数も増加し、最終的な成約率も上がってきます。

また、中小企業は競合のエージェントが紐づいていないことも多いので、紹介したけど選考の通過率も高くなると考えられます。

 

 

分割払い導入のデメリット

 

デメリット①:投資回収期間が長くなる

 

料金を支払う企業側のメリットは、料金を頂く側のデメリットになるのがな

らわしです。

先に投資・費用を払って後ほど売上を立てていく人材紹介業からすれば、さらに売上入金のタイミングが遅くなるので、あまり喜ばしいことではありません。

 

デメリット②:請求等の管理が面倒になる

 

分割払いとなる場合、各月で請求書をお送りすることになります。

また、入金確認や各種対応など、本来1回で良かった対応が分割した分だけ増えていくので、純粋に工数が増加します。

何かしらの管理ツールを導入した場合は自動化などもできるかとは思いますが、その導入や運用、メンテナンスなどはどうしても必要となってしまします。

 

 

選ばれる人材紹介会社になるために

 

以上、求人企業に分割払いが選ばれる理由と、導入に際してのメリット・デメリットをご紹介させていただきました。

料金プラン一つ変えるだけで新規の案件獲得、成約が進むのであれば導入しない手はないかと思います。

また、導入自体には工数や費用が掛からないので、「やってみて損した…」という事も一切ありません。

 

料金プラン以外にも、こういったマイナーチェンジで顧客の求人企業様から選ばれる人材紹介会社を目指し、他社との差別化を図っていただければと思います。

また、なにか本コラムに対するご不明点や質問事項、その他ご相談事項等がございましたら、お気軽にご連絡ください。

本コラムをお読みいただいている御礼として、人材紹介事業を専門にコンサルティングさせていただいているコンサルタントが、貴社にとって最適となるプランを無料で一緒に考えていければと思います。

それでは、皆様からのご相談をお待ちしております。

 

<本コラムに関するお問合せ・ご相談はこちらから>

https://funaisoken.ne.jp/jinzai-business/inquiry.html

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード



無料メルマガ

LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中!

無料経営相談

無料レポートダウンロード
LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中!