【最新:人材業界未経験でも取得可能!】国家資格: キャリアコンサルタントの仕事内容と育成方法

キャリアコンサルタントはいまや国家資格となっており、幅広い分野で活躍が期待されております。また、人材業界未経験でも取得することが可能です。この記事では、キャリアコンサルタントの仕事内容や育成方法についてご紹介しております。人材紹介、人材派遣に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

1.キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントは、人材サービス業界全般でその利用者のカウンセリングや指導などを行う人のことを指します。

2016年に国家資格となり、「キャリアコンサルタントの名称を用いて、キャリアコンサルティングを行うことを業とする」とされ、有資格者は幅広いキャリアパスが期待されています。

キャリアコンサルティングとは、個人にとって望ましい職業選択やキャリア開発を支援することをいいます。

 

2.注目されている背景

グローバル化や少子高齢化の影響で、労働観にも大きな変化が生じ、一つの企業や組織で希望するキャリアを形成することが難しくなっています。

働く人にとって、どうすればより良いキャリアを形成することができるか、という課題が生じるようになったのです。

そこで、個人が能力を発揮できる環境を見つけるサポートをする存在として、キャリアコンサルタントが注目されています。

今後さらに多様化していく社会で、キャリアコンサルタントの需要はより増していくと考えられます。

 

3.キャリアコンサルタントの仕事内容

キャリアコンサルタントの仕事は、相談者の希望するキャリアを実現するための支援です。

相談者と一緒に仕事を探したり、具体的なスキルアップの方法をアドバイスしたりする場合もあります。

また、可能な限り相談者の適性に合った仕事選びをすることが求められます。

キャリアコンサルタントの仕事は、大きく3種類に分類されます。

①民間企業で働く場合

【人材紹介】
人材紹介会社では、キャリアコンサルタントというより、営業の仕事に近いです。

マッチングしなければ企業から報酬を得ることができないため、ノルマを課されることも多く、収入も実力主義であることが多いです。

そのため、キャリアコンサルタントの資格が必須ではない求人が多いという特徴があります。

【人材派遣】
人材派遣会社では、派遣スタッフや派遣先の企業の継続的なフォローを行います。

派遣スタッフと面談を重ねることも多く、人材紹介と比べて営業の要素はあまりないといえます。

②公的機関で働く場合

【ハローワーク】
ハローワークでは、面談だけでなく求人開拓の仕事もあり、キャリアコンサルタントの資格が必須であることが多いです。

一般的に求職者や案件の幅が広いですが、対象を限定しているところもあります。

【学校】
大学や専門学校のキャリアセンターでは、模擬面接やエントリーシートの添削、企業からの求人情報の受け付けなどを行います。

就職活動のイベントを実施することもあります。

③フリーランスとして働く場合

少数ですが、フリーランスで働く人もいます。

研究職や、キャリア専門のジャーナリストとして活躍する道もあります。

 

4.キャリアコンサルタントの育成方法

キャリアコンサルタントになるためには資格を取得する必要があります。

資格がない人は、キャリアコンサルタントやそれと紛らわしい名称を名乗ることはできません。

以下のいずれかの条件を満たすと受験することができます。
・厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
・労働者の職業の選択、職業生活設計また職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談について3年以上の経験を有する者
・技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験または実技試験に合格した者

合格率も低くなく、そこまで難しいわけではないため、独学でも合格可能です。

ただ、独学では厳しい場合は、通信講座やスクールを活用するといいでしょう。

5.まとめ

ご紹介した通り、キャリアコンサルタントは未経験でも取得できる国家資格です。

また、今後さらにニーズが高まっていくことが予想されます。

ぜひ、自社の人材紹介事業や人材派遣事業に活用していただけると幸いです。

少しでも不安点やお悩みがございましたら、
ぜひ「人材ビジネス経営研究会」にお越しください。
人材募集力の強化・採用力アップなど、人材紹介・人材派遣会社向けの業績アップを目的とした会員制の勉強会となっております。
※初回は無料ですので、お試し参加も大歓迎です。

https://www.jinzai-business.com/100545-2


参考文献
人材派遣会社の仕事とは?【人材コーディネーター・キャリアコンサルタント編】https://www.jinzai-business.com/28

 

 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード