【エンジニア紹介は今がビジネスチャンス】エンジニアを確保するために、エンジニアの転職理由を抑える

IT業界の市場の拡大に対し、IT人材が減少している今がビジネスチャンスです。
今後、需要が高まると予想できるITエンジニアを確保するために、ITエンジニアが望むものを把握する必要があります。その第1歩として、そもそもITエンジニアがなぜ転職をしようとするのかについて考えていきます。


需要高まるエンジニア

現在、エンジニアは深刻な人手不足に悩まされています。今後、業務の自動化など科学技術が発展するにつれてエンジニアの需要が高まることが予想されます。

一方で、経済産業省の発表によると、エンジニアは年々減少しております。エンジニアの人材不足は深刻なものであり、2030年には、必要とされるエンジニアの数に対し、6割しかいないという予想がされています。

ITエンジニアの需要についての詳細は↓
【エンジニアの派遣は難しくない!】需要と供給の動きから読み取るIT人材のこれから

エンジニアを確保するためには

では、今後需要の高まるエンジニアを確保するためには、どういった条件での募集が有効なのでしょうか。
エンジニアが企業を選ぶ際の基準として2つ挙げられます。

①エンジニアが企業に求めていることに応えてあげること。
②エンジニアの転職行動をしっかり把握することです。

エンジニアの転職要因

そもそもエンジニアが転職を考える要因とは何が挙げられるでしょうか。
人それぞれ理由は異なりますが、大きく分類すると5つに分けられます。

①自分への評価や給与に関する不満
エンジニアが転職する1番の理由は、「自分への評価が正当になされていないこと。(例えば、給与への不満。)」です。
プログラマーの業務状況を把握している上司に給与を決定する基準が与えられていないため、不満を募らせるエンジニアが多くいます。

②将来に不安を感じる
IT社会では技術の進化が著しく、市場規模や求められる技能も日々変化するため、自身の能力に不安を抱くエンジニアが多いのが現状です。

③勤務時間への不満
過酷な労働環境で働いているエンジニアは少なくありません。
特に、元請けから離れた下請け企業で働いている方は、勤務時間が長いにもかかわらず、給与は上がらないという現状を変えたいために転職する方が多いです。

④人間関係の不満
どの職種、職場では働いても人間関係の不満はつきものです。
しかし、特にエンジニアという専門職種についている方は、コミュニケーションに不満を持っている方が多いです。
なぜなら、通常の人間関係での相性にとどまらず、エンジニアという職業ではプログラミングの知識を持たない上司とのすれ違いも生じるからです。
エンジニアとエンジニアでない人ではコミュニケーションの感覚に違いや、お互い理解しがたいこともあります。
この違いを、上司がどれだけマネジメントできるかに社員の満足度は左右されていきます。

⑤配属への不満
希望職種を伝えていたはずなのに、配属の変更や、全く経験のない営業をさせられるエンジニアもいます。
契約時に行うはずだった業務を任されず、あれこれ理由をつけられ契約外の業務を任せられるエンジニアの方もいます。そうすると、「やりがい」を見つけられず、転職に切り替えてしまう方もいます。

エンジニアの求職者を確保するために

以上のことをふまえて、紹介でエンジニアを獲得するならばまず、エンジニアが企業に求めていることを把握することが必要です。そのために2つ必要なことがあります。

①エンジニアが企業に求めていることに応える
エンジニアが企業に求めていることに応えるためにも、まずはヒアリングを徹底的に行う必要があります。
派遣業全般に言えることではありますが、まずは求職者のニーズを把握する必要があります。求職者の要求すべてを受け入れられることは難しいことではありますが、満足度を高めることにより、求職者の継続率を高めることが望めます。

合わせて読みたい
【人で不足が顕著な業界むけ】キャリアエージェントが気をつけること

②エンジニア転職行動の把握
エンジニアの求職者を獲得するためには、転職行動を把握する必要もあります。
近年転職したエンジニアは、実際に企業情報を集める際に口コミを重視しているというデータがあります。
実際にアンケート結果によれば口コミを重視している割合は4割を超えています。
特に、キャリアエージェントの意見を重視している割合は、約2割となっています。
以上のことから、エンジニアにとっていかにキャリアエージェントの伝え方が重要であるかご理解いただけたと思います。
キャリアエージェントの意見と同じく約2割ほど、企業のWebサイトや各種求人サイトの求人広告詳細を気にしている方がいます。

【まとめ】

ITエンジニアを確保し、どうビジネスにつなげるのか気になる人材ビジネス企業の皆様

朗報です!!

今年の夏、ITエンジニアの人材派遣・紹介のポイントを抑えたセミナーが開催されます。

・今がビジネスチャンスならば、ITエンジニアの人材紹介が気になる…!
・以前、ITエンジニアの紹介に挑戦したけれども、うまくいかなかった…
・すでにITエンジニアの人材紹介をしているけれども、なかなか業績が伸びない…


このような悩みをお持ちの皆様、ぜひ「ITエンジニア紹介ビジネス新規参入セミナー」の詳細を御覧ください!

―――――――――――――

地方の粗利率100%のエンジニア紹介事業を立ち上げて年商5,000万円、エンジニア特化・地域に根差した求人サイトで業界平均の20倍の反響を獲得した会社の社長がスペシャルゲスト講師として解説!

【ITエンジニア人材紹介事業新規参入セミナー】

エンジニア紹介事業新規立ち上げセミナーバナー

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード