2023年の交通・タクシー業界の動向・トレンド・今後について

いつも本Webサイトのコンテンツを閲覧いただきまして、ありがとうございます。船井総研人材ビジネス支援部です。2023年の交通・タクシー業界の動向・トレンド・今後について解説しています。

 

交通・タクシー業界の時流変化

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会による統計調査によると、タクシー業界の営業収入は1990年を境に減少傾向となっています。

 

ピーク時の1990年(2.7兆円)と2018年(1.6兆円)を比較すると、業界全体の営業収入は60%程度に縮小しています。

 

観光需要が戻ることが予想されるが、それでも今後のタクシー売上は8割程度で推移していくと見込まれています。

 

2023年の交通・タクシー業界の展望

 

他方、法人タクシードライバーの人口は2009年を境に右肩下がりに減り続けています。

 

2020年は東京都の法人タクシードライバーが4,469人減の5万3,788人となり、減少数は過去10年間で最大となりました。

 

対して、平均年齢は2010年から徐々に上がっており、2019年に平均年齢は60歳を超えています。

 

そのような中でタクシー会社が売り上げを伸ばしていくためには、

 

①既存事業(タクシー事業)の売り上げを最大化する

②その他の事業で売り上げを立てる

 

といったポイントを押さえる必要がございます。

 

大好評!「タクシー業界時流予測レポート2023」がリリース!

 

  • 2023年タクシー業界がどうなっていくのか知りたい経営者様、コロナで失った売り上げを取り戻したい経営者様、これからのタクシー会社経営のポイントが知りたい経営者様、現在のタクシードライバー採用手法に課題を感じている経営者様、高齢化が進み、毎年一定数のドライバーが辞めてしまうタクシー会社経営者様向けに、船井総研人材ビジネス支援部では「タクシー業界時流予測レポート2023」を制作・リリースしております。

 

おかげさまで多くのダウンロードを頂戴しております。この機会にぜひ無料ダウンロードの上、ご覧くださいませ。

 

 

【タクシー業界時流予測レポート2023】

無料ダウンロードはこちらから

https://www.jinzai-business.com/report_dl/230105-6

 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード