タクシー業界2022年時流予測レポート

タクシーの営業収入は2019年対比平均で2020年66.7%、2021年は現状60.4%となっています。

そのため、コロナ禍でのタクシー売上は6~7割で推移し、現状は下げ止まりの状況です。

ピーク時(1990年)と比較すると40%~50%程度の営業収入の状況となっています。

このような厳しい状況の中で、ウィズ・コロナ、アフター・コロナ時代に備えて、交通・タクシー業界は2022年以降、どのような経営戦略を描いていくべきなのでしょうか。

この度2022年の交通・タクシー業界の展望を時流予測レポートの中に凝縮させました。

専門コンサルタントが成功事例も含め分かりやすく解説しておりますので、この機会にぜひ無料ダウンロードの上、ご覧くださいませ。

このような方・会社に御覧頂きたいレポートです

  • 2022年の交通・タクシー業界の時流や展望を知りたい経営者様・幹部様
  • 2021年の経営の棚卸しや、今後の経営戦略の立て方についてヒントを得たい経営者様・幹部様
  • 交通・タクシー業界経営の成功事例を知りたい経営者様・幹部様
  • ドライバーの人手不足や人材採用にお困りの経営者様・幹部様・採用担当者様
  • 固定客の確保や利用者を増加させるための施策にお悩みの経営者様・幹部様
本レポートをご覧いただく「メリット」

  • ◆タクシー業界の2022年の時流が分かる
  • ◆タクシー業界の効果的な経営戦略の立て方が分かる
  • ◆業績アップに向けて何をすべきかのヒントが得られる
  • ◆タクシー業界専門勉強会で発表された成功事例が分かる
  • ◆利用者を増加させるための地域交通戦略が分かる

目次

1. データで見る!タクシー業界の現状
2. 今後の業界予測
3. 2022年経営のポイント
4. タクシー業専門勉強会
5. 無料個別相談のご案内

<無料ダウンロード特典の個別相談に関しまして>

※当サイト「人材採用・人材募集ドットコム」掲載の他の無料ダウンロードレポートを含め、
無料個別相談の受付は「1社様1回まで」とさせていただきます。
繰り返しダウンロードされ、無料個別相談のご希望を頂戴しましても、
受付しかねますので、大変申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。
(お問合せフォームや無料個別相談窓口からのお問合せに関しましても、
同様の措置を取らせていただきます。)
何卒よろしくお願い申し上げます。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード