2022年人材ビジネス時流予測レポート

コロナ禍で急激に落ちた有効求人倍率(=求職者1人あたりの求人数)ですが、求人出稿数が徐々に増加していることから、企業の採用回復が見込まれています。

人材会社のニーズも回復傾向にあり、2022年はコロナ以前と同様に「人を集められるか」が成否を分けるポイントとなります。

中でも人手不足が深刻な医療・介護人材、IT・DX人材などを中心に企業の採用ニーズが高まっており、2022年からはパンデミック以前の時と同様に、採用競争が激しくなる可能性もあります。

この度船井総研人材ビジネス専門コンサルティンググループでは、2021年と同様に、2022年の人材ビジネス経営の時流や展望をまとめた「2022年人材ビジネス時流予測レポート」を制作いたしました。

2021年に大変ご好評を頂いた時流予測レポートの2022年版を、この機会にぜひ無料ダウンロードの上、ご覧くださいませ。

このような方・会社に御覧頂きたいレポートです

  • 2022年の人材ビジネス業界経営の時流や展望が分かる
  • 人材募集の活性化や営業・マーケティング面のDX手法が分かる
  • 人材ビジネス業界への新規参入を行う場合のポイントが分かる
  • 人材ビジネスの強化法が分かる
  • 人材ビジネス専門の経営勉強会(研究会)の詳細な内容が分かる
本レポートをご覧いただく「メリット」

  • ◆事業部署ごとの様々な「バラバラ」を正す!
  • ◆PDCAサイクルを高速で回し、データ・ドリブン経営を推進できる!
  • ◆コーポレート・マーケティング組織機能構築から、外部投資を呼び込む時流適応経営への足掛かりに!
  • ◆企業全体のトランスフォーメーションを推し進められる!
  • ◆専任化・分業化を推進し、社員1人あたりの業務負担を軽減!働き方改革と業績アップの同時並行!

目次

1. 2021年のトピックの振り返り
2. 人材ビジネスの現状
3. 2022年はこうなる!人材ビジネス企業の動向
4. 2022年業績アップのポイント!
5. 人材ビジネス経営研究会のご案内/お問い合わせ

<無料ダウンロード特典の個別相談に関しまして>

※当サイト「人材採用・人材募集ドットコム」掲載の他の無料ダウンロードレポートを含め、
無料個別相談の受付は「1社様1回まで」とさせていただきます。
繰り返しダウンロードされ、無料個別相談のご希望を頂戴しましても、
受付しかねますので、大変申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。
(お問合せフォームや無料個別相談窓口からのお問合せに関しましても、
同様の措置を取らせていただきます。)
何卒よろしくお願い申し上げます。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード