人材紹介新規参入の手引き完全版|人材採用・人材募集ドットコム

《【有料職業紹介事業】人材紹介新規参入の手引き完全版》

なぜ今人材サービスなのか?人材サービスといっても
色々ありますが新しく始めるにはどれが良いのか?
面倒そうな申請はどうすれば良いのか?
船井総研人材ビジネス支援部がこれらの疑問に
すべてお答えします!

人材業界は大きく4つの業態:
「人材派遣業」「請負業」「求人広告」「人材紹介業」に
分けられます。その中でも現在右肩上がりに市場規模を
拡大しているのが人材紹介業です。

人材紹介とは以下の図のように、求職者と働き手を探している企業の間に入り、両社をマッチングする事業です。

人材紹介は利益率が非常に高いという特徴を持っています。

人材を見つける際の原価が低く、また直接雇用契約を
結んでいないため研修費や保険料などの費用が発生せず、
手数料のほぼ全てが粗利となります。

人材派遣ビジネスは単価×実働時間が売上となるため、
一般的に収益が安定しやすいと言われていますが、
収益期間は派遣契約期間と連動しているため、
契約内容によっては短期間で収益が入らなくなる
ケースも少なくありません。

これらの特徴を総合的に判断すると、人材紹介ビジネスの方が
収益性に優れていると言えるでしょう。

非常に魅力的な人材紹介事業ですが、大手から小規模の
紹介会社まで大きく変わらないビジネスモデルの全貌や
戦略的な差別化ポイントの策定方法等について、
分かりやすくお伝えします。

このような方に御覧頂きたいレポートです
・人材紹介事業の新規参入をお考えの方
・人材紹介事業の詳細なビジネスモデルを知りたい方
・人材紹介事業の免許取得方法を知りたい方
・人材紹介事業の成功ポイントを知りたい方

本レポートをご覧いただく「メリット」
・人材紹介事業を立ち上げる上で必要なノウハウや
新規参入の仕方が詳細に分かります。
・生産年齢人口の減少の中でも、効率的に求職者を募集し、
採用数を増やしていくための施策が見つかります。
・異業種の方、人材業界未経験の方にも分かりやすく
まとめております。

目次

1.はじめに
2.人材紹介事業のビジネスモデル
3.人材サービス市場の動向
4.立ち上げ人員体制
5.必要な申請業務
6.必要資金
7.成功するためのポイント
8.まとめ

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード



無料メルマガ

無料レポートダウンロード

LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中!

無料経営相談
無料メルマガ 無料レポートダウンロード LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中! 税理士セレクション