人材派遣業界の未来シナリオ|人材採用・人材募集ドットコム

《人材派遣業界の未来シナリオ》

業界の成熟化や同一労働同一賃金の施行など、
ターニングポイントを迎えた人材派遣業界。
多くのノウハウを持つ船井総研人材ビジネス支援部が
今後の人材派遣で必須の戦略をまとめております。

人材業界に分類される、
4つの業態:「人材派遣業」「請負業」「求人広告」「人材紹介業」
の中でも、人材派遣は約6兆4千億円の市場規模(2018年度)を持つ
一番大きい業界です。

今や一大産業に成長した人材派遣ですが、
2020年4月に新たに施行された「同一労働同一賃金」や
業界の成熟化による成長の鈍化など、今まさにターニングポイントを迎えています。

本レポートでは船井総研人材ビジネス支援部がこれまでの市場の
動向を整理したうえで、気になる今後の動向と未来に向けた戦略を
お伝えします!

このような方に御覧頂きたいレポートです
・人材派遣業の最新の市場動向を知りたい方
・人材派遣業の今後の展望や未来に向けた戦略策定の方法を
知りたい方
・人材の確保が難しいとお考えの中小規模の人材派遣会社の方

本レポートをご覧いただく「メリット」
・人材派遣会社として高付加価値を生み出すためには
どのような施策を講じれば良いのかが分かります。
・生産年齢人口の減少の中でも、効率的に求職者を募集し、
派遣登録者を増やす、派遣登録者の稼働率を上げるための
施策が見つかります。

目次

1.はじめに
2.人材派遣市場の動向
3.今後の展望
4.未来に向けた戦略

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード



無料メルマガ

無料レポートダウンロード

LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中!

無料経営相談
無料メルマガ 無料レポートダウンロード LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中! 税理士セレクション