【人材募集改革】これだけはおさえるべき!応募が集まりやすい自社求人メディア制作のポイント|人材採用・人材募集ドットコム

「Webや紙媒体に求人広告を掲載しているけど反響がない」
「自社で求人メディアを制作したけど、活用しきれていない」
そのようなお悩みを抱えている企業様必見!!
これだけはおさえるべき!
応募が集まりやすい自社求人メディア制作のポイント

「自社求人メディアと採用HPと何が違うの?」と
思われている方も多いかと思います。

求職者の求人数は平成21年度より大幅に減少傾向に
ありますが、求人メディア事業の市場規模は
伸び続けています。

採用HPはあるけれども応募が来ず、閑古鳥が鳴いている、
という中小企業も多いのが現状です。

自社求人メディアを立ち上げて1人あたりの生産性が
向上した、適切な求人メディア拡販方法で、人手不足が
慢性化している中小企業でも応募を多数獲得することができます。

本レポートにて解説しておりますので、ご興味の
ある方、自社の人材募集を活性化させたい方は
ぜひ御覧くださいませ。

このような方に御覧頂きたいレポートです
・人手不足・業績の伸び悩みにお困りの方
・採用どころか応募も全然来ない方
・求人広告を掲載しても人が集まらないと悩んでいる方
・どんどん上がり続ける採用コストをなんとかしたい方
・成功事例を知りたい方

本レポートをご覧いただく「メリット」
ご存知の通り、現在の日本では業界に限らず人手不足が
問題となっており、多くの企業・経営者様が頭を抱えている
ことかと思います。そんな中、本レポートをご覧になる事で、
下記2つの内容を知ることができます。

目次

1.はじめに
2.労働市場の現状
3.紙媒体の現状とインターネットの普及
4.安定的な募集体制
5.自社HPと自社メディアの違い
6.サイト制作のポイント
7.まとめ

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード



無料メルマガ

無料レポートダウンロード

LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中!

無料経営相談
無料メルマガ 無料レポートダウンロード LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中! 税理士セレクション