【人材紹介の時流】業種特化型人材紹介新規立ち上げガイドブック|人材採用・人材募集ドットコム

【船井総研 人材ビジネス支援部制作】
《異業種から参入続々!不景気でも伸びる新規事業》
成長市場特化の人材紹介で効率的にブランディング!
<業種特化型人材紹介新規立ち上げガイドブック>

日本は少子高齢化が進んでおり、今後ますます生産年齢人口が
減少していくと言われています。生産年齢人口とは15歳から
65歳までの労働に従事できる人々を示す用語です。

総務省によると2018年時点での全人口に占める生産年齢人口
(15歳~64歳)の割合は約60%で、2065年には約51%
にまで落ちると予想されています。労働の担い手である
生産年齢人口が減少すると、結果として社会全体で働き手が
不足することになります。

働き手が不足すれば、1人あたり見込まれる売上が無くなり、
企業全体の生産性も落ちてしまいます。

「売上・収益アップ」「人手不足改善」「1人あたりの生産性の
向上」が今後の課題となる中で、既存の人材サービス業界
だけでなく、異業種の企業からの新規参入も増えているのが、
「業種特化型人材紹介ビジネス」です。

人材紹介ビジネスの最大の特徴は非常に高い利益率です。
人材派遣のように、求職者を自社で雇用するわけでは
ないので、保険料や教育費など多くの費用が
掛からないため、紹介手数料のかなりの割合が
利益となります。

その中でも「業種特化型人材紹介」は、
「○○分野のA社」といった形で認知され、会社を
ブランディングすることができます。ブランディングが
できれば、求人案件の獲得や求職者の採用が簡易に
なります。

更なる詳細は本無料ダウンロードレポートにて
解説しておりますので、ご興味のある方はこの機会に
ぜひダウンロードの上、ご覧くださいませ。

このような方に御覧頂きたいレポートです
・既存事業として人材紹介を運営されている方
・異業種からの人材紹介ビジネスへの新規参入をご検討の方
・人材サービス業が「今」何をすべきかを知りたい方
・不況下に強いマーケティング手法やコロナ対策の出口戦略を知りたい方

本レポートをご覧いただく「メリット」
・いわゆる「コロナ・ショック」が起きている中で、
今後地域の中小規模の会社が生き残るために何をすれば良いのか、
というような「ヒント」が見つかります。

目次

1.人材サービス業界の動向
2.人材紹介のビジネスモデル
3.業種特化型人材紹介とは
4.人材紹介会社が今実施すべきこと
5.まとめ

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード



無料メルマガ

無料レポートダウンロード

LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中!

無料経営相談
無料メルマガ 無料レポートダウンロード LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中! 税理士セレクション