介護人材紹介ビジネス新規立ち上げガイドブック

《異業種から参入続々!不景気でも伸びる新規事業》
営業数名で年間粗利1億円を達成! 
年間の人材採用数が従来の3倍増!
採用と業績アップ同時並行型 手数料ビジネス その全貌とは?

このような方に御覧頂きたいレポートです
・人手不足・業績の伸び悩みにお困りの方
・介護・医療業界の人材紹介事業に興味のある方
・高収益の新規事業をお探しの方・始めたい方
・人材ビジネスの最先端の時流・成功事例を知りたい方
・派遣事業に少しでも不安を感じている方

本レポートをご覧いただく「メリット」
厚生労働省によると、介護の現場で即戦力となり、中核を担う「介護福祉士」の資格を獲ったとしても、実際に介護業界で働く人の割合は全体の50~55%と半分程度に留まるのが現状とのことです。
高い離職率に加え、全産業との比較で賃金か非常に低いことも原因の1つです。
日本政府は外国人の技能保有者の受入強化や介護職員の待遇改善に動いているところではありますが、状況の改善には多くの時間がかかりそうです。
そこで介護施設へ介護福祉士資格の保有者や介護職員を「紹介」できる能力を持ち合わせることによって、多くのニーズを獲得することができます。
そして紹介手数料が自社の売上として入り、長期的な成長に繋がる可能性、そして介護職員の採用・定着面で地域の介護施設から必要とされ、社会貢献に繋がる可能性の両方が高まるのです。

実績
静岡県でエリアに特化した介護職員の人材紹介ビジネスと
自社求人メディアを立ち上げ2年間で、雇用正社員1名のみで
年間粗利4,200万円、営業数名で年間粗利1億円を達成!

目次

1.人材ビジネス業界の現状
2.介護業界・人材の現状
3.介護人材紹介ビジネスモデル
4.自社求人メディアの概要
5.成功事例
6.まとめ

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード