9ヶ月連続の有効求人倍率悪化!人材派遣会社・人材紹介会社の経営で今すぐできることとは?

新型コロナウイルス感染症に罹患された方、体調を崩されている方、影響を受けられている方へ、謹んでお見舞いを申し上げます。新型コロナウイルス感染症の拡大により、人材派遣・人材紹介業界への影響が続いています。今回のコラムでは、有効求人倍率と完全失業率などの最新データを整理したうえで、人材派遣会社・人材紹介会社の経営で今すぐできることをご解説します。

 

 


    • 9ヶ月連続の有効求人倍率低下

厚生労働省が発表した最新データによりますと、2020年9月の有効求人率(季節調整値)は1.03倍となり、前月を0.01ポイント下回り、9ヶ月連続で低下したことがわかりました。

 

 

(出典:厚生労働省より)

 

 

また、9月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると17.3%減となりました。

 

産業別にみると、建設業は5.9%増加でしたが、生活関連サービス業・娯楽業(32.9%減)、宿泊業・飲食サービス業(32.2%減)、卸売業・小売業(28.3%減)、製造業(26.7%)、運輸業・郵便業(25.1%)などの業界の新規求人数は大幅の減少となりました(厚生労働省)。

 

そして、完全失業者数は210万人であり、前年同月に比べ42万人増加し、8か月連続で増加しています。

 

さらに、総務省が発表した最新の完全失業率(季節調整値)は3.0%で、前月と同様です。

 

従来、人手不足を背景に2.0%台の低水準に維持してきましたが、現在は極めて厳しい状況だと考えられています。

 

 


  • 人材派遣・人材紹介会社の経営で今すぐできること

上述のように、雇用情勢の悪化が続いているなか、人材派遣会社・人材紹介会社は大きな打撃を受けてきました。コロナ危機に対応するために、人材派遣会社・人材紹介会社の経営で今すぐできることとは何でしょうか。今回のコラムで、弊社が求人募集や求人媒体という2つの方面からご解説いたします。

 

 

①求人募集:人材サービスの特化

 

前に述べた通り、新型コロナウイルスの影響で有効求人数の産業別の増減の違いが見られます。また、人材サービス市場の縮小や競争の激化により、人材派遣・人材紹介を成長させていくためには、各社の差別化が求められます。

 

そのために、人材派遣会社・人材紹介会社は企業様の採用ニーズに合わせて特定の業種またはタイプの人材サービスを絞ることで自社の強みを固めることが重要です。

 

業界別または人材タイプ別に特化するキーポイントはタイミングです。特化することで、その人材特有の課題に対する解決のノウハウを一早く蓄積して他社との差別化をすることが重要ですので、今すぐできることの一つとして挙げられます。

 

 

②求人メディア:自社メディアの活用

 

少子高齢化によって人材の確保が難しくなっているなか、新型コロナウイルスの影響で雇用が減っているため、優秀な人材を獲得してミスマッチを避ける仕組みづくりがますます重要となっています。

 

人材獲得の仕組みと言っても、紙媒体や求人広告、多種多様な求人サイト等多くの手法があります。多くの人材派遣・人材紹介企業がこのうちのどれか、または複数を活用して人材募集していると思われますが、思うように人材が集まらなかったり、人材を採用できたとしても費用対効果が悪かったりするのが現実です。これには、これらの求人媒体のリサーチ数が減少傾向にあることやリサーチできる人材の性質に偏りがあるといった原因が存在します。

 

有効求人倍率が減少している状況で、人材を安定的に確保して精確に派遣・紹介するには、自社メディアを活用した採用活動が効果的です。そして、人材獲得だけでなく、会社の情報を自由に伝えることもできるので、面談の際や採用後のミスマッチも抑えることができます。そのため、自社メディアを活用した採用にはクローリングサイト、SEO、ウェブ広告などを活用し、複数の流入経路を設計することも今すぐできることと考えられます。

 

 

まとめ

 

今回のコラムでは人材サービス業界の最新状況を整理した上で、人材派遣会社・人材紹介会社の経営で今すぐできることの2つをご解説しました。新型コロナウイルスの打撃は大きいですが、業界の最新動向を把握しながら経営活動を調整することは大事です。

 

人材業界に関して多くのノウハウを持つ船井総研人材ビジネス支援部が今後の人材派遣で必須の戦略をレポートにてお伝えします。人材派遣を経営されている方々是非こちらのレポート『人材派遣業界の未来シナリオ』をご参考ください!

 

下記のURLから無料ダウンロードが可能です。

https://www.jinzai-business.com/report_dl/20061701

 

最後、スカウトメールなど人材業界に関して悩みや疑問をお持ちの方、無料個別相談お申込みフォーム

https://funaisoken.ne.jp/jinzai-business/inquiry.html#_ga)または

無料相談窓口0120-958-270までお気軽にご相談ください!

 

 

参考資料:

厚生労働省,2020年10月,「一般職業紹介状況(令和2年9月分)」

https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000687617.pdf

総務省,2020年10月,「労働力調査(基本集計)2020年(令和2年)9月分結果」

https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html

 

 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード