営業社員に依存せず自社への問合せを増やす方法とは?

新型コロナウイルス感染症に罹患された方、体調を崩されている方、影響を受けられている方へ、謹んでお見舞いを申し上げます。いつも本キュレーションサイトの記事をお読み頂きまして誠にありがとうございます。船井総合研究所人材ビジネス支援部です。今回のコラムでは、営業の成果に悩みを抱える経営者の皆様に営業マンに頼らない「オンライン営業」の方法をご紹介します。この機会にぜひご一読くださいませ!
 

 

1.コロナ禍の営業実情

昨今の新型コロナウイルスの流行により、営業のスタイルも大きく変化しています。従来の直接お客様と会う「対面営業」は難しくなり、オンライン会議ツールなどを利用する「非対面営業」が急速に普及しています。しかし、対面営業に比べ、非対面営業では営業マンの存在感が薄く、「信頼感」を築くこともかなり困難と考えられています。それにより、
 

  • ・「営業しようにも訪問ができない、どう指示を出したらいいかわからない」
  • ・「コロナの影響で見込んでいた受注がなくなった」
  • ・「新規開拓の方法がわからない」
  • ・「オンライン営業やったけど全然成果がでない」のようなお悩みを持っているのではないでしょう?

 

2.営業社員に頼らない仕組みとは?!

新型コロナウイルスに伴う様々な営業環境の変化が起こり、オンライン化が進んでいるなか、営業のあり方も見直す必要があります。つまり、営業社員の対面営業に頼らない仕組みが必要です。
 
その営業手法とは――「オンライン営業」です!例えば、在宅勤務の環境整備が進んでいるため、従来の対面営業、テレアポで成果を出すことが難しくなります。その改善方法の一つとしては、自社のホームページの設計を工夫して問合せを増やすことが重要です。もう一つの例としてオンライン面談が挙げられます。Withコロナ時代の営業では、オンライン面談、テレビ会議などの導入は必須と言えるでしょう。リアル面談より営業マンの存在感が薄いかもしれませんが、オンライン面談の強みを生かせる訪問営業を上回る可能性もあります!さらに、メルマガ、Web広告などのオンライン営業手段がありますが、最大限に活用できれば多くのメリットがあります。

 

3.オンライン営業に取り組むメリット

それでは、オンライン営業手法を利用することはどのようなメリットがありますでしょうか?主に4点がございます。
①取り組んでいない企業様と差をつけられる
⇒オンライン営業体制を構築することで、訪問営業ができなくても受注できるようになる
⇒他社がオンライン化できない今こそ新規受注のチャンス
 
②営業マンに代わってシステムが稼働することで無駄な人件費を削減できる
⇒HP、メルマガ、WEB広告を組み合わせたシステムで優良顧客との商談を自動設定
⇒営業マンによるテレアポ、飛び込みなど非効率業務を削減、人件費まで抑えられる
 
③オンライン営業で日本全国を商圏にでき、拡大、コロナを逆手に新規顧客を開拓できる
⇒今まで取引ができなかった日本全国のお客様から受注できる
 
④長期的見ると、高収益体質に進化できる
⇒テクノロジーを駆使した自動化とリモートで無駄を排除オンライン化で生産性がアップする
 オンライン営業は顧客にとっても自社にとっても大きなメリットがあり、導入後の生産性UPも期待されるでしょう。
 

4.まとめ

Withコロナ時代に、営業手法も時流に応じて進化しなければなりません。いち早くオンラインツールを活用して、営業のオンライン化を実現させましょう。
 
弊社が2020年11月と12月に「 印刷会社のためのオンライン顧客開拓セミナー」を開催いたします!当日はホームページ、メルマガ、WEB広告、テレビ会議という4つの手法を最大限活用し、売上を取り戻す方法を成功事例から徹底的にご解説いたしますので、ぜひご参加ください。さらに、参加者の方に参加特典の『オンライン営業成功マニュアル』も献呈いたします!下記リンク先からお申し込みが可能です。

 
【webセミナー】問合せ10件増!営業マンに頼らない仕組作り

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/065771
 
是非、この機会にお申込みくださいませ。

 

 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード



無料メルマガ

無料レポートダウンロード

LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中!

無料経営相談
無料メルマガ 無料レポートダウンロード LINE 人材ビジネス経営の最新情報配信中! 税理士セレクション