【人材ビジネス経営研究会】9月オンライン定例会開催レポート

新型コロナウイルスに罹患された方、体調を崩されている方、影響を受けられている方へ、謹んでお見舞いを申し上げます。今回のコラムでは、9月18日にオンラインで開催された、「人材ビジネス経営研究例会」の主要内容をご紹介します。
コロナの影響で苦境に直面している人材会社様が多いと思われますが、今回は人材ビジネス業界の最新動向や9~11月にかけてやっていくべきことをお伝えします。

 

1.研究会コンテンツ①:船井総研講座

『営業強化で業績アップ!案件獲得手法とテレアポの効率化』&『アウトバウンドコールの秘訣』
人材派遣と紹介企業様からよくいただく声は「新規受け入れストップで稼働数が増えない」、「新規営業で架電をしているが全くとれない」、「採用要件が高くなって成約に至らない」等があります。
弊社比嘉はそうした課題を解決するカギは「営業力の強化」と指摘いたしました。具体的には「アウトバウンド営業の強化」と「インバウンド営業の導入」という2つの手法で現在行っている営業方法を洗い出すことが重要だとご説明いたしました。
特にテレアポ業務について、弊社の比嘉よりリスト作成と管理、架電の時間と頻度、トークスクリプト、電話の仕方という4点を中心に改善ポイントをご紹介いたしました。さらに、アウトバウンドコールについて弊社辻本より①トークスクリプト、②リスト、③KPI(目標数値)という3つの秘訣ご共有したうえ、他社には真似できないFCR3つの秘訣もお話しました。

(テレアポ業務の見直し・改善プロセス)

 

2.研究会コンテンツ②:ゲスト講座

『人材業界No.1情報サイトの成功秘話と育成方法大公開』
今例会のゲスト講座には、株式会社ゴーリストの代表取締役の加藤龍氏にご登壇頂きました。
ゲスト講座のテーマは「人材業界N0.1情報サイトの成功秘話と育成方法大公開」ということです。株式会社ゴーリストの加藤龍氏は、事業内容の三大軸(HRビッグデータ事業・グローバルHR事業・ITソリューション事業)をご紹介いただいた上で、HRog(人材業界の営業マン向けのwebメディア)の歴史と育て方、外国人ビジネスを始める方法と今後の展望についてお話頂きました。

(株式会社ゴーリストの事業内容)

 

3.研究会コンテンツ③:情報交換会

情報交換会では人材派遣・紹介・アウトソーシング企業を対象として、職種・地域を問わず参加し、情報交換を行います。今例会は100名弱の企業様が参加し、7グループに分かれコロナ時期の課題や情報を共有しました。この度、参加者である企業様は事前事例シートを記入し、それぞれの会社紹介、強みと悩みを共有した後、解決策について議論しました。
 

4.まとめ

人材ビジネス経営研究会は、継続的に情報収集を行うことができる会員制の勉強会です。経営研究会で、「どんな企業と情報交換ができるのか」「どんな情報を得られるのか」を実際に体験いただいた上で、ご入会の判断をいただきたいと思っているため、無料お試し参加を受付しております。
 
こちらからお申し込みが可能です。
https://www.funaisoken.co.jp/study/100566
 
是非、この機会にお申込みくださいませ。

 

 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード