【人手不足の自動車整備士の採用強化!】自動車業界の「最新」整備士採用・募集戦略とは?

この記事では最新の自動車整備士採用戦略をテーマにどうすれば整備士をより効率的に採用できるかについて書いています。具体的な方法が書いてあるので読み終わるころには整備士採用に向けやる気を持ってアクションがとれるようになります。

 

 

 

①【2020年最新】今後の整備士業界の動向とは?

 

整備士の採用戦略を見ていく前に今後の業界の動向を

把握しておく必要があるので整備士業界の現状と将来について

簡潔に紹介します。

 

現状、整備士業界を見るうえで大切なポイントは3つあります。

 

1つ目は国内の自動車保有台数です。

自動車整備士は自動車産業と密接に繋がっています。

自動車の保有台数が増加すれば整備する整備士の需要も増加すると考えられます。

日本の自動車保有台数は1966年以降増加し続けており

2020年以降も増加することが予測されます。

 

2つ目は整備士の不足です。

自動車保有台数は増加の一途を辿っているのですが

2020年現在、整備士は激的に不足しています。

実際に自動車整備会社を運営している2社に1社が整備士不足を訴えています。

少ない整備士に仕事が集中するので労働環境も良くなく

今後も整備士不足は続くと予想できます。

 

3つ目はMAASによる走行距離の増加です。

技術の進歩によって事故件数は減少しました。それにより事故車両の整備は減りました。

しかし、今後は自動運転やカーシェアが本格的に導入されることが予想されます。

そのため、飛躍的に自動車の走行距離が増加することが考えられます。

今後は事故の整備ではなく長距離を走った車両のメンテナンスをする必要が生まれるので

整備士の需要がさらに増加すると思います。

 

以上、3つのポイントから整備士の需要は今後も上がることが予想でき

整備士が不足している今、多くの整備士を採用することさえできれば

売り上げを大きくし、市場の中で成長していくことができます。

 

では、難しい整備士採用をどのように行っていけばよいのでしょうか?

 

 

②自社採用を強化して採用数UP!

 

採用困難な整備士を効率よく募集し採用するための

1つ目の方法は自社で整備士採用に特化した専門の採用HPを持つことです。

 

求人メディアは確かに多くの求職者の目にとまります。

しかし、それらの多くは整備士業界とは関係ない人材で

実際に自動車整備業をしている会社が欲しい人材でない場合が多いです。

そのため、求人メディアだけでは本当に欲しい整備士人材に効率よくコンタクトを

取ることが困難です。

 

また求人メディアを見るのが採用活動に結びつかない人材ばかりなので

無駄なコストがかかってしまい非効率になってしまいます。

 

そのため、求人メディアに加えて整備士採用専門のHPを作ることによって

自社の採用活動を強化しましょう!

 

自社で採用専門サイトを持つことのメリットは下記の2つです。

・採用活動が効果的かつ効率的にできる

・無駄なコストがかからない

 

自社で採用専門サイトを持つことの

1つ目のメリットは

整備士の採用活動が効果的かつ効率的にできるということです。

 

求人メディアに求人を載せているだけでは欲しいターゲットに

求人が届く確率がとても低く、かつ他業種の求人と混ざってしまい

求人の訴求力が非常に弱いです。

 

しかし、自社で整備士の採用専門サイトを作ることでターゲットである整備士に

直接、自社の情報やコンテンツを知ってもらうことができます。

また、整備士の採用専門サイトなので求めていない人材は自然と応募が減少し

効率的に採用活動ができます。

 

2つ目のメリットは採用活動でのコストの減少です。

求人メディアだけが媒体だった時はターゲットである整備士以外の人にも

採用・応募のアプローチをしてしまい

実際は採用できないので無駄な労働時間やコストがかかっていました。

 

しかし、自社で採用専門のHPを作ることで整備士に対して効率的に求人の

アプローチができるので採用活動のコストも減らすことができます。

 

以上、2つの理由から整備士の採用活動では

自社で採用専門のサイトを作り、持つことが重要になります。

 

 

整備士紹介を立ち上げ採用コストの削減!

 

2つ目の整備士採用戦略は整備士紹介の新規人材ビジネスを立ち上げることです。

 

上記までの内容をお読みの方の多くは

自動車整備業を営んでおり整備士が不足しているから採用活動を

強化したいとお考えの方が多いと思います。

 

整備士の採用を行っていく過程で

自社で採用は難しいけれど整備士の資格を保有している人材も

生まれるとおもいます。

 

そこで、そのような人材を整備士が不足している他社に紹介することで

新たな収益源を作ることができます。

 

 

新規で整備士紹介の人材ビジネスを立ち上げることのメリットは

・新規ビジネスをするための投資をする必要がない

・効率よく新たな収益源を作ることができる

以上の2つになります。

 

1つ目のメリットである

新規ビジネスのための投資をする必要がないに関しては

多くの場合、何か新しいビジネスを始める時は先行投資が必要になります。

 

しかし、上述のように自社ですでに整備士の採用活動をしており

その過程で生まれる自社で採用できない整備士人材を

他社に紹介すればいいだけなので

設備投資や先行投資の必要がなく

仮に利益が上がらなかったとしても損益も生まれないので

リスクなく始めることができます。

 

2つ目のメリットである

効率良く新たな収益源を作れるに関しては

現状、整備士は2社に1社が不足している状態で

それほどまでに、整備士は不足しています。

 

そのため、自社で採用できない整備士人材とはいえ

他社は欲しい人材である可能性が大いにあります。

 

またリスクなく整備士に特化した人材紹介ができるので

他社と差別化でき効率よく人材ビジネスを始めることができます。

 

以上、二つの理由から整備士の採用戦略で

新規人材ビジネスとして整備士紹介を立ち上げることが

おすすめです!

 

また補足ですが、すでに人材ビジネス業を営んでいる方にとっても

整備士紹介マーケットは整備士を採用できさえすれば

現状、紹介もできるので魅力的なマーケットになっています。

 

 

④新たな整備士募集・採用戦略を取り入れ成長しましょう!

この記事では整備士採用の最新戦略として

下記2つをご紹介しました。

 

・求人メディアに加えて自社で整備士採用専門サイトを持つ

・新規整備士紹介ビジネスを立ち上げる

 

この2つは実際に

多くの企業様が取り組んでおり成功事例も豊富にあるので

取り組むことによって整備士採用が飛躍的に改善すると思います。

 

是非、進んで取り入れてみてくださいね!

 

とはいっても

 

「整備士に特化した採用HPの具体的な作り方って、、、」

「どのように求人メディアとミックスすると効果的かわからない、、、」

「新規で人材ビジネスなんてノウハウも何もないから不安、、、」

 

といった悩みもあるかと思います。

 

そのようなお悩みをお持ちの方々はぜひこの機会に船井総研の無料サービス「無料個別相談」をお申し込みくださいませ。

https://funaisoken.ne.jp/jinzai-business/inquiry.html?_ebx=b84gwjex3.1581901157.7bc007f#_ga

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード