【エンジニアの紹介は難しくない!】需要と供給の動きから読み取るIT人材のこれから

IT業界の市場の拡大に対し、IT人材は今年、2019年を境に減少する見込みです。
結果として、エンジニア紹介の需要が高まり、平均賃金も上がっております。
今後のIT業界の人材不足解消の一手として、エンジニア紹介が注目されており、人材紹介業で悩んでいる方や新しい事業を始めたい方が参入するチャンスでもあります。


エンジニアとはどんな人のこと?

エンジニアとは「科学的な専門知識(特に「工学」(=エンジニアリング))を持ち、それを役立たせることを職業とする人」を指し、日本語においては「技術者」とされることが多いです。

具体的には、
コンピューターシステムの提案・設計・開発などを行うシステムエンジニアや、
システムエンジニアが制作した設計書からプログラミングを行い実装するプログラマーなど、業務によってさまざまな種類に分かれています。

深刻なエンジニア不足

現在、エンジニア職は深刻な人材不足に悩まされています。

経済産業省の発表によれば、今後エンジニアの需要は拡大し続ける一方、エンジニア人材は減少していきます。

(出典:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省))

上の図のように、約10年後の2030年には、必要とされるIT人材の6割しか人がいない、という状況が待ち構えています。

エンジニアの紹介を始めよう!

IT業界は急激に拡大し、急激に人材不足に陥っております。今後、IT人材であるエンジニアの需要が拡大することは間違いありません。この機会にエンジニアの人材紹介をはじめてみてはいかがでしょぅか。

あわせて読みたい

【エンジニア紹介は今がビジネスチャンス】エンジニアを確保するために、エンジニアの転職理由を抑える

エンジニア紹介で成果を上げるポイントは?

今夏、エンジニアの人材紹介のポイントを押えたセミナーが開催されます!

・紹介できる人材がいない…
・エンジニアの紹介は難しいって聞いたけど…
・すでにエンジニアの紹介をしているけど上手くいってない…


このようなお悩みをもつ人材紹介・人材派遣会社の皆さんが抱える問題は「エンジニア紹介ビジネス新規立ち上げセミナー」により解決されるかもしれません。
少しでもお悩みの点がありましたら、ぜひ詳細をご確認ください!

―――――――――――――

地方の粗利率100%のエンジニア紹介事業を立ち上げて年商5,000万円、エンジニア特化・地域に根差した求人サイトで業界平均の20倍の反響を獲得した会社の社長がスペシャルゲスト講師として解説!

【ITエンジニア人材紹介事業新規参入セミナー】


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード