人材募集を無料で行う方法4選

人材募集を無料で掲載できる方法をまとめています。 無料で出せる広告の種類や、無料で掲載できるサイトの特徴を分かりやすく紹介しています。 費用を抑える方法として注目の無料広告の方法をまずはチェックしてみてください。


無料広告について

採用活動を行う上でどうしても避けられないのがコストの問題。
従来の掲載課金型では、
「掲載の初期費用がかかる」
「予算に合わせて掲載期間の制限がある」
「掲載のコストだけかかって一人も採用できなかった」
など、費用対効果を考えると、必ずしも成功したとは言い難い経験をした方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回、人材募集の費用を抑える方法の一つとして、無駄な費用のかからない、掲載無料の人材募集広告についてご紹介します。

無料で出せる広告の種類は?

【採用課金型】

成功報酬型の中でも採用課金型の人材募集媒体サイトに人材募集を掲載する方法です。株式会社リブセンスが運営するジョブセンスを皮切りに、人材募集広告媒体にも採用課金型が取り込まれました。採用課金型とは掲載料は発生せず、実際に人材を採用した時点で料金が発生する課金システムのことです。
掲載に至るまでの負担が少なく、採用するまでのコストが抑えられるというのが最大の魅力でしょう。若干名のピンポイント採用をする際や、理想とする人材が見つかるまで費用負担がかからないというのは会社にとって大きなメリットです。しかしその分、採用一口につき1万円~10万円かかってしまい、決して安いとは言い切れません。

【応募課金型】

成功報酬型のもう一つのモデルとして応募課金型があります。こちらは求職者からの応募があった時点で課金されるものです。
求職者が自社に対し応募をかけた時点で、料金が発生します。採用課金に比べ料金発生のハードルが下がるため、料金は低く設定される媒体が多いです。応募一口につき数千円~2万円が相場なようです。
また、応募課金型は特定の業種、例えば介護専門の求人サイトなどに多い傾向にあります。薬剤師や介護職などを募集している方は検討してみてはいかがでしょうか。

【完全無料】

掲載料はもちろん、応募、採用が条件で費用が発生しないサイトも近年増加中です。他にも無料で自社HPに採用ページを作成してくれる媒体もあります。
集客率は成功報酬型ほどのものでないので、うまく応募につなげられないかもしれませんが、載せても損をすることはありません。

【ハローワーク】

公共職業安定所、通称ハローワークは、厚生労働省が運営する就職支援・雇用促進のための職業紹介所です。費用はかからず、多くの求職者に求人情報が出すことができるため、応募人数をそろえるためには非常に有効な手段です。
しかし、必ずしもピンポイントに人材と巡り合えるわけではなく、採用貴人に該当しない方の応募も少なくありません。そうした募集を未然に防ぐためにも、求める人物像や採用基準を明確にしましょう。 ハローワークに求人情報を出すには、事業登録シートと求人申込書に記載した求人票というものに反映される流れになっています。求人票には会社ロゴ、イラスト等が使えないため、限られた情報量の中で分かり易く、細かい表現にも気を配った表現にすることで、ハローワークでも非常に有効な効果が期待できるでしょう。

無料で出せるサイト7選

無料で求人掲載できるサイトを課金タイプ別にまとめてしました。

【採用課金型】

ジョブセンスリンク(正社員・派遣社員)

成功報酬型を市場認知させた筆頭格であり、大手求人媒体に匹敵する集客力を持っています。掲載求人数50万件以上。応募者に対して電話サポートのサービスもあります。
URL:http://job.j-sen.jp/
料金:採用1件につき年収の20%~30%

マイベストジョブ(アルバイト・パート・正社員・契約社員・派遣)

ジョブセンスに次いで有名な成果報酬型サイトです。採用プランによって採用形態の制限や検索画面での上位表示があるので、必要に応じてプラン選定をしてください
URL:https://mybestjob.jp/kyujinkoukoku/
料金:採用1件につき30,000円~

モッピーバイト(アルバイト・パート・派遣)

主にアルバイト求人がメインのサイトです。
https://moppy-baito.com
料金:アルバイト・パートは採用1件につき15,000円~、派遣・業務委託は応募1件につき4,000円~

【応募課金型】

ワークゲート(正社員・契約社員・派遣・アルバイト・パート)

応募課金型の総合求人情報サイトです。ワークゲートに情報掲載すると、15以上の提携サイトにも無料掲載されるのが魅力です。
URL:http://www.workgate.co.jp/inquiry/ad/
料金: アルバイト・派遣社員・職業訓練の応募1件につき3,150円
正社員・契約社員・業務委託は応募1件につき6,300円

ショットワークス(アルバイト・パート・単発バイト)

国内最大規模の短期バイト・単発バイト専門サイトです。掲載求人件数、掲載期間は無制限ですが、月々固定費がかかります。
URL:http://shotworks.jp/sw/contents/sp/employers/index.html
料金:応募1件につき2,500円~+月額固定費2,000円~

【完全無料】

げんきワーク

無料ですが、とても分かりすく設計されています。企業登録やログインといったような面倒な作業がないことも特徴の一つです。
URL:http://kyujinno.info/
料金:完全無料

エンゲージ

無料で自社採用サイトのHPを作成できるおすすめのサイトです。
URL:https://en-gage.net/
料金:完全無料

まとめ:掲載無料は本当にお得なのか?

これまで掲載無料の広告についてご紹介してきましたが、掲載無料は絶対にお得なのでしょうか。
答えは必ずしもYESとは言い切れません

成果報酬型の媒体は、弱い商品を売りやすくするために成果報酬型の課金体系をとっていることが多いです。そのため「集客率が悪い⇒採用実績が薄い⇒求人掲載減⇒集客率悪くなる」の負のループから、サイトの改善費用の捻出不可能になり、無くなってしまった広告媒体もあります。
またハローワークも求人票の記載の制限が多く、応募者にとっても分かりにくいこともあり、たくさんの応募があっても、その中に要望通りの応募があるとは限りません。

しかし、採用できるかわからない職種や中小企業の場合ですと、掲載費という初期投資はかけづらいのが実情です。
無料広告はあくまで補助的なものと考え、本気で人材を確保したいときは思い切って投資をするのも一つの手です。無料なので他の募集広告と並行して打ち出してみてもよいかもしれません。
採用計画を入念に練り、状況に応じた最適な採用手法・媒体を明確化しましょう。採用手法の一つとして無料広告や成功報酬型媒体を検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

  • 効率的な人材募集活動のコツについてはこちらをご覧ください。
人材募集広告攻略のコツ

人材募集力の強化・採用力アップなど、人材紹介・人材派遣会社向けの業績アップを目的とした会員制の勉強会「人材ビジネス経営研究会」を開催!
お試し参加大歓迎!初回は無料でご参加いただけます。

⇒詳細は下の画像をクリック!


<<無料オンラインセミナー開催決定!詳細はこちら!>>

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう