第4回外国人派遣・紹介ビジネス新規参入セミナー


外国人派遣・紹介ビジネス新規参入セミナー
2019年4月入国管理法(入管法)改正 人材ビジネス業界にとって追い風となるか?

人材派遣会社の経営者様!”外国人”と聞いてこんな疑問はありませんか?

・法律が変わったことは知ってるけど結局どういうことなの?
・外国人って最近ニュースでよく見るけど人材派遣・紹介に関係あるの?
・技能実習生・留学生とかとは何が違うの?
・これまで外国人は扱ったことがないけど大丈夫?
・色々と話は聞くけど結局日本に連れてくる具体的なやり方は?
・東南アジア系の国の人が良いとは聞くけど結局どこの国のどういう人がいいの?

日時・会場 お申込みはこちら (受付時間はセミナー開始の30分前です)

  • ※お申込みにはログイン(メールアドレス、パスワードの登録)が必要です。 登録はすぐに完了します。

講座内容

第1講座 とうとう外国人時代がやってきた!人材派遣はどうなっていくのか
株式会社 船井総合研究所 人材ビジネス支援部 部長
エグゼクティブ経営コンサルタント 山根 康平
第2講座 改正入管法の内容と経営を進めていくうえでの注意点
弁護士法人グレイス 代表弁護士 古手川 隆訓 氏
第3講座 競合に差をつけろ!派遣会社が外国人労働者を活用する手法を完全公開
株式会社 船井総合研究所 人材ビジネス支援部 人材ビジネスグループ
プロポーザルチーム チームリーダー
チーフ経営コンサルタント 宮本 光昭
第4講座 外国人労働者が国内に激増する今この時代に経営者に考えてほしいこと
株式会社 船井総合研究所 人材ビジネス支援部 部長
エグゼクティブ経営コンサルタント 山根 康平

講師紹介

古手川 隆訓 氏
古手川 隆訓 氏 弁護士法人グレイス 代表弁護士
鹿児島県を中心に幅広く法律問題を手掛ける弁護士法人グレイスの代表弁護士。法人としての顧問先は300社以上を数えており、依頼者が最大の利益を享受できるよう日々問題解決に向けて活動を行っている。労務問題に関しても多くの解決事例を持ち、地域で高い評価を得ている今業界が注目している弁護士である。
山根 康平
山根 康平 株式会社 船井総合研究所 人材ビジネス支援部 部長 エグゼクティブ経営コンサルタント
総勢30名の人材ビジネス専門コンサルタントが所属するグループの責任者。国内最先端の人材募集ノウハウと船井流経営法を駆使し、数多くの人材ビジネス会社の業績アップを実現してきた。机上の空論を嫌い、実現可能性の高い提案のみで構成されたコンサルティングは多くの経営者から支持されている。数多くの企業でのコンサルティング成功事例が評価され、船井総研史上最年少の27歳でシニア経営コンサルタントに昇格した船井総研が誇る人材ビジネスのスペシャリスト。
宮本 光昭
宮本 光昭 株式会社 船井総合研究所 人材ビジネス支援部 人材ビジネスグループ プロポーザルチーム チームリーダー チーフ経営コンサルタント
早稲田大学を卒業後、新卒で経営コンサルティング会社に入社。入社後は社内でも”異常”と評されるほど多数の業種・業界に携わり、多くのプロジェクト・コンサルティング業務を経て、従来の概念に時流を組み合わせた独自のマーケティングノウハウを確立。現在は人材ビジネス業界を専門に活躍するコンサルタントであり、その事象の本質を掴む力と一切の妥協を排した論理構築能力は他の追随を許さない。現在人気急上昇中の新進気鋭のコンサルタントである。

参加料金(税抜)

  • 一般企業様 30,000円 (税込 32,400円)/ 一名様
  • 会員企業様 24,000円 (税込 25,920円)/ 一名様
※ ご入金の際は、税込金額でのお振込みをお願いいたします。 ※ 会員企業様とは、FUNAI メンバーズ Plus 、各業種別勉強会にご入会中の企業様を指します。

日時・会場 お申込みはこちら (受付時間はセミナー開始の30分前です)

  • ※お申込みにはログイン(メールアドレス、パスワードの登録)が必要です。 登録はすぐに完了します。

お電話でのお問い合わせは、下記までお願いいたします。TEL:0120-964-000 (平日09:30~17:30) 【お問い合わせ】セミナー事務局


    • ※ご入金確認後、受講票の案内をもってセミナー受付とさせていただきます。
    • ※お振込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
    • ※ご参加を取り消される場合は、開催日より3営業日(土・日・祝除く)前の17時までに電話にてご連絡くださいますようお願いいたします。以降お取り消しの場合、ご参加料金の50%を、当日の欠席は100%をキャンセル料として申し受けますのでご注意ください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード